いのちのいずみ Ⅱ

南宮崎カトリック教会の主日のミサの説教を掲載します

A年主の降誕(夜半) (2016.12.24.)

A年主の降誕(夜半) ルカによる福音書2:1~14つねに上へ上へと向かおうとする人間の上昇志向をすべて引っくり返すというのが、クリスマスの本当の意味です。神様御自身が、ひとりの人間となって地上に降りてきてくださったということだからです。 クリスマス…

C年年間第33主日(2016.11.13.)

C年年間第33主日 ルカによる福音書21:5~19神様が望んでいる世界が来る時、私たちが当たり前だと思っているこれまでの生活や生き方、常識などはすべて滅びてしまうのです。 今日の福音は理解するのが難しく、朗読を聞いてすぐに「ああそうか、わかった」と感…

C年年間第25主日(2016.9.18.)

C年年間第25主日 ルカによる福音書16:1~13一時的な利益や目の前の物事だけではなく、将来のこと、肉体の死の後のこと、そして永遠に目を向けて、考える必要があります。 今日の福音朗読は、私たちの生活を支えているお金や財産をどのように使うべきかという…

C年年間第24主日(2016.9.11.)

C年年間第24主日 ルカによる福音書15:1~10人々を高みへ引き上げるというよりも、神様を人々のもとに連れてきて、ひとりひとりが神様を受け入れられるようにするという方法をとったのがイエス様です。 今日の福音朗読は、「ルカによる福音書」15章に記されて…

C年年間第23主日(2016.9.4.)

C年年間第23主日 ルカによる福音書14:25〜33選択の基準は、この世の人間関係とはかかわりなく、すでに決まっています。イエス様が教えてくださった神の御旨、福音の価値観がその中心にないといけないということです。 今日、バチカンでマザー・テレサの列聖…

C年年間第22主日(2016.8.28.)

C年年間第22主日 ルカによる福音書14:1、7~14すべての人が同じように、命の宴のよろこびにあずかるべきなのです。 「ルカによる福音書」の中で、イエス様は3回、ファリサイ派の人の家に招かれて食事をしていますが、意見が合わずに3回とも対立することにな…

C年年間第21主日(2016.8.21.)

C年年間第21主日 ルカによる福音書13:22〜30大切なイエス様に本気で出会おうとするならば、主人が戸を閉めてしまってから遅れてくるということがあるはずがないのです。 四つの福音書の中で、「ルカによる福音書」は、もっとも喜びにあふれ、神のやさしさと…

C年年間第20主日(2016.8.14.)

C年年間第20主日 ルカによる福音書12章49〜53節聖霊を伝えようとすれば、世の中から大きな圧力や迫害を受けることが避けられないのです。「ルカによる福音書」の中には、他の福音書と比べて「平和」という言葉がたくさん出てきます。2章の「イエスの誕生」…

C年年間第19主日(2016.8.7.)

C年年間第19主日 ルカによる福音書12:32〜48私たちが「全能永遠の神」「いと高き神」としてほめたたえている神は、実際にはしもべのように、私たちひとりひとりの人生を支えてくださっているのです。 今日の福音朗読は長いですが、ポイントは四つです。順に…

C年年間第18主日(2016.7.31.)

C年年間第18主日 ルカによる福音書12:13〜21 自分がすでに与えられている物に対し、感謝して喜ぶことができないこの金持ちのことを、神は「馬鹿者」と言っているのです。 今日の福音は、私たちがふだん考えている「お金持ちになりたい」「財産を増やしたい」…